空飛ぶ文庫 – FM福井 76.1MHz JOLU-FM

「空飛ぶ文庫」って・・・?

本とラジオってよく似ているんですよね。 本は、活字から世界が広がっていきます。一方ラジオは音から広がっていく世界です。 共通しているのはビジュアルを持たないという点です。 ビジュアルを持たない分、私たちは文字や音をたよりに想像を膨らませますよね。 「持たない」ということは、一見、欠点だと思いがちですが、私たちは「想像力」を使って、より大きな世界を作り出して行くことが可能なんです。 この番組では、ラジオと本の親和性を生かしながら、双方の魅力を皆さんに伝えていきます。

2017/01/12(木)放送分

こんにちは、飴田彩子です。 今日は福井市の明新公民館と本郷公民館内の図書室をご紹介しました。 明新公民館では、持ち出し・持ち込み自由の「みんなの本棚」を2015年に…

2017/01/05(木)放送分

こんにちは、飴田彩子です。 今日は、若狭三方縄文博物館学芸員の小島秀彰さんに、 著書「鳥浜貝塚」についてお聞きしました。 この本は同成社の「日本の遺跡」シリーズの…

2016/12/29(木)放送分

こんにちは、飴田彩子です。 今日は、月末恒例のラジオ読書会。 三人の出演者の皆さんがそれぞれおすすめ本を提示、 出演者全員で合評します。 グラフィックデザイナ…

2016/12/22(木)放送分

こんにちは、飴田彩子です。 今日は山岳エッセイストの増永迪男さんをお迎えし、 最新エッセイ「遭難日記」についてお聞きしました。 このエッセイは増永さんご自身の遭難…

2016/12/15(木)放送分

こんにちは、飴田彩子です。 今日は「まちライブラリー」提唱者の磯井純充さん、 つむぎや代表の友廣裕一さんをお迎えしました。 11/27に「まちライブラリー」サミットinふ…